印鑑の役割

印鑑というのは、印影が重要な役割を果たします。印影を照合した際同じならば、イコール本人となるからです。便利な面が多いですが、その使い方には十分に注意をしなければなりません。荷物の受け取りなどには量産されている簡易なはんこでも全く問題ありません。しかし、銀行の届出印など、重要な契約に使用するはんこは、簡易に偽造できるものは避けた方が良いでしょう。仮に、第三者が本人に成りすましてお金を引き出しても印影に違いが無ければ疑う余地は無いのです。インク浸透型スタンプは長年の使用で印面自体劣化する恐れがあるので、銀行印として認められていないことが多いですが、同じ事が実印にも言えます。

実印は、本人が住民登録している市町村に届出した印章でその印鑑登録証明書とセットになると、自分が何処の誰だかを明確に証明する物になります。不動産売買など大きな買い物をする時は、まさに不可欠な存在です。そのため、第三者が安易に同じはんこを入手でき、偽造できる状況は避けなければなりません。たとえ身に覚えが無い契約でも、本人の意思であるとみなされてしまうからです。その事実を証明するのは極めて難しく大変な事になりかねません。実印という物は、想像を遥かに超える重要なものなのです。実印は気安く人目にさらさないのが鉄則であり、印鑑は自分の存在や意思を証明する大切な存在である事を十分に理解し、捺印するときは内容をじっくり理解した上で、慎重に扱うことが大事です。